FC2ブログ

まんが道 - ヒルズへの道

ヒルズへの道 ホーム » 趣味 » まんが道


まんが道

GWを有意義に過ごすために
藤子不二雄の「まんが道」をまとめ買い(大人買い)してきました。

友達から「これから起業を考えてる人にはすごく良いマンガだよ」と薦められていたのですが、アマゾンとかで探しても入手できなくて、この間TSUTAYAに行ったらなんと発見してしまったので迷うことなく、全巻購入。

まだ読んでいる途中なのですが、
これから起業を考えたり、自分の生きる目標とかを見出せていない、また迷ったりしている人には最高の参考書です!

語りだすときりがないし、
まだ読んでいる途中ということもあるので、内容には触れません。

但し、本気で起業を考えてる人は間違いなく絶対に読むべきです!
また、生き方とか目標に迷ってる人も絶対に読むべきです!

このブログで書き忘れていましたが、
以前、矢沢永吉の自伝(2冊出版されています)を読んで、
その時にもすごく感動したのですが、
よくある成功者本と違って、作者のかなり本音に近い部分や
成功の足がかりを得るまでの苦労期間の活動が事細かに記されているので、
成功までの苦労やまたどんなアプローチ・活動をしていかないといけないのかがすごくリアルに共感できます。

でもひとつだけ今回感じたことを話すと、
成功のステップに入ると、その後にどんどん成功していくのは
わりと簡単で、成功の足掛かり(きっかけ)を掴むまでが一番大変で、その時にはいろんな面で苦労や失敗もあるのだけれど、でも実はその時がシンプルに自分の夢の目標に向かって純粋な時で、またその実現する力をつける大事な時で、その苦労の期間を辛いと感じるか、そうではなくて、成功は手にしてない、また見えないけれども、でも好きなことをしているという幸せを感じながら、その時その時を楽しめるかが大事なのだなとあらためて思いました。

また、人生を振り返ってあの頃は楽しかったなぁと後から思えるのは、
そうした夢や目標に向かって苦労している期間であることが多いので、
その期間を人生というステージの主人公と自分を見立てて、いかにかっこよくその期間を過ごせるかが大事だなと思いました。

かっこよいとはもちろん見栄えとかではなく、どれだけ全開で前向きに努力できるかですけどね。

あと、「まんが道」と一緒に僕の大好きな横山光輝先生の「チンギスハン」も全巻購入したのですが、こちらも最高に面白かったです。

世界で最も広大な領土を支配したチンギスハンの生涯を詳しく知りえたのはこのマンガを読んだのが始めてだったのですが、大のチンギスハン好きになってしまいました。

「まんが道」と併せてこちらも絶対必読の書としてオススメです。

今回は、良いマンガと出合え、自分の今後の活動にも大きなエネルギーやヒントをたくさん貰えました。

大前研一がよく大人はマンガを読むなということを言っていますが、
自分の進むべき道をしっかりと持った大人にはマンガは娯楽として、自己成長とかにはあまり必要無いものなのかもしれませんが(自分はそうは思いませんが)、ただ、これから自分の道やあるべき姿を探そうという人には、マンガはいろんなヒントや自分のヒーロー像(なりたい自分)を探す、みつけることができる玉手箱のように思えてなりません。

あんまりマンガの良さに今回は感動してしまって、マンガ家になるのも良いかなぁと思ったほどでした。

長くなりましたが、「まんが道」の感想は読み終わった時にまたお話したいと思います。


関連記事


この記事が参考になったら、クリックお願いします!
今後の励みにさせて頂きます!

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ


感想やご意見などコメントもよろしくお願いします。

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kigyoujissenkai.blog8.fc2.com/tb.php/23-4b11007d


初心者のための“正しい”アフィリエイトセミナーDVD