FC2ブログ

僕のツイッターとの出会い - ヒルズへの道

ヒルズへの道 ホーム » ツイッター » 僕のツイッターとの出会い


僕のツイッターとの出会い

今回は、僕のツイッターとの出会いや
どういう風にビジネス活用しようとしてるか
ご紹介したいと思います。


皆さんももちろん、ツイッター始めてますよね?


ツイッターは、そもそも2009年頃から
国内でもアーリーアダプターといわれる
いわゆる流行りもの好きなネット先行者達が使い始め、
僕もネット関係の会社にいることから、
2009年前半に「ツイッターが面白い(アメリカで流行ってて、
日本でもかなりヒットする予感)」という話を
会社の早耳な人から教えてもらいました。


それで、2009年4月くらいだったかな、
アカウント登録したのは、
今思うと、かなり早い方でした。


当時はアカウント登録はしたものの
ブログとどう違うの?とか、
ミニブログみたいで、ちょっとだけつぶやくくらいなら
ちゃんとブログで記事を書いた方が生産的じゃないかとか
今いち面白さがわからず、
周りで使ってる人もほとんどいなかったから
しばらく忘れさっていました。

当時、ツイッターを教えてもらって、
「この魅力(面白さ)は何なの?」って
その教えてくれた人に聞くと、
ネットに詳しい先行者達が、どういうことを考えてたり、
どんなことに着目してるかわかるという
情報収集ツールのような位置付けで使える
というような話でした。

そんなことがあってから
ツイッターを再開したのは、
去年の11月にアイフォンを買ってからかな。

アイフォンを買ったきっかけは、
アイポッドが壊れて、携帯音楽端末がなくなったので、
アイポッド買いなおすくらいだったら、
アイフォン買っちゃえというような経緯でした。

それでアイフォンを買うと、
音楽も聞けて、ネットも見れて、メールも見れてと
便利なことこの上なく、アイフォン大好きになりつつある時、
面白いアプリを周囲の人に聞くと、
ツイッターが面白いということを聞き、
それでツイッターを再開しました。

時期的には2009年12月くらいかな。

ツイットバードっていうアプリがいいと薦められたんだけど、
これが超良かった!

見やすく、使いやすくて、
毎日ツイッターを見るのが習慣化していきました。

その頃になると、もうかなりの人達が
ツイッターを使い始めてて、
ソフトバンクの孫社長
浜崎あゆみ
エイベックスの松浦社長
ベンチャー企業の社長なんかはかなり使ってる
ということで、
有名人たちの日々のつぶやきを見たり、
また自分の日常をつぶやいたり、
周囲の友人もアイフォン利用者が増えるとともに
ツイッター仲間も増え、加速度的にツイッターが
生活のかなりのウェートを占めるようになっていきました。


整理すると、
2009年4月ツイッターアカウント登録
2009年12月ツイッター利用(1次段階:趣味程度)

趣味程度の利用が4月くらいまで続いたのですが、
使ってるうちに企業がビジネスツールとして
使ってるというような話も仕事の関係上かなり耳に入ってきました。

東急ハンズ
無印
ユニクロ

企業がツイッターをマーケティング利用する動きが本格的に来てる!

企業が本格的にツイッターをマーケティングツールとして使うと
一般ユーザーもますますツイッターを使うようになり、
これまでのネットマーケティングの中でも
久しぶりに大きな波が来る予感(これは必ず来る!)

そして、僕もこれはビジネスツールとして、
昔でいうメルマガ?ブログ?SNSと、波が来てるのわかってたけど、
チャンスを掴まなかったので、
この波には本気で取り組んでみようと思いました。

自分ブランディング(プロモーション)ツールとして、
ツイッターを本格的に使っていこう!

ライフサイクルでいうと、まだまだ成長期前半
今本格的に参入するのがベストタイミング!

そして、いくつかのアカウントを取り、
またツイッターは色んなツールも出てるので、
ツール活用を検討し始めたのでした。

関連記事


この記事が参考になったら、クリックお願いします!
今後の励みにさせて頂きます!

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ


感想やご意見などコメントもよろしくお願いします。

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kigyoujissenkai.blog8.fc2.com/tb.php/82-31c21c98


初心者のための“正しい”アフィリエイトセミナーDVD