FC2ブログ

ブラジル敗退からの学び - ヒルズへの道

ヒルズへの道 ホーム » 趣味 » ブラジル敗退からの学び


ブラジル敗退からの学び

長らくサッカーを見てきましたが、
今回のワールドカップのブラジルは、
理想的なメンバーに、ドゥンガの規律が注入された
組織的なチーム。

最高の個人技と、チームプレー。

考えられる最強のチームのように思えました。

1次リーグからの戦いぶりや強さがそれを証明してくれていました。

オランダ戦もブラジルが先制し、
想定通り優勝まで確実にひた進むものだと思っていました。

ところが、オランダもさすがに強い。
ブラジルを押し返し、ついに同点。

自分達の勝ちパターンがいまいち機能せず、
最強チームに少し違和感が生まれ、自分達の勝ちパターンの
サッカーができなくなる。

ロッペンやスナイデルに振り回されたこともありますが、
退場でひとりいなくなり、パターンが機能しなくなるブラジル。

フィールド内でその混乱を修正するリーダーがいなかったのが、
ブラジルの今回の致命的なところ。

最強チームでも混乱することがあるのですね。

1990年前半の無敵のACミランは、最強の個と組織プレー、
そして常勝チームの伝統や勝つためのDNA、
カペッロのリーダーシップ、バレージやマルディーニ
といったバランスを調整するしたたかな戦い方ができる老練者
もたくさんいました。

今回のブラジルは、そのバランスを調整する
インテリジェンスのあるリーダーがフィールド内にいなかったこと、
チームとしての何か起こった時の完成度の低さが露呈しまいました。


長くなりましたが、
今回のブラジル戦からの学びとしては、
一見最強の敵、絶対に勝てないだろうと思われる敵でも、
立ち向かっていけば、混乱し、勝機が生まれることもあるということです。

スポーツの世界とかにはよくあることではありますが、
あらためて最強のナンバーワンもやっぱり負けることがあるということです。

ネットビジネスもしかりです。
(リアルビジネスもですが)

既に勝ち組といわれるプレーヤーがたくさんいる中、
これから自分がどのように参入したらいいのか、
へこむ時が多々ありますが、
しかし、行動してチャレンジしていけば、活路は見出せるのです。

どんな困難な目標(敵)を前にしても、
ひるまず、自分のもてる力を最大限に出して挑んでいきましょう。

たとえ、負けたとしても、たくさんの学びがあるでしょう。

そして戦い続ければ、いつか勝利をものにすることができるはずです。

僕もこれからネットビジネスで陣地を築けるのか、
未知数ではありますが、必ず勝利したいと思っています。

同志募集しています。

一緒に戦っていきましょう!


関連記事


この記事が参考になったら、クリックお願いします!
今後の励みにさせて頂きます!

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ


感想やご意見などコメントもよろしくお願いします。

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kigyoujissenkai.blog8.fc2.com/tb.php/86-d29fb366


初心者のための“正しい”アフィリエイトセミナーDVD